ねるねるねるねじゃなかったけど。「Android N」のコードネームになったヌガーってどんなお菓子?

ねるねるねるねじゃなかった

米Googleは6月30日(現地時間)、「Android N」と呼んでいた次期Androidの名前を「Nougat」(ヌガー)に決定したと、公式Twitterアカウントで発表した。

最新版Androidの命名には2つの規則がある。まず、先頭文字が前のバージョンに対してアルファベット順で続いている必要がある。2つめに、お菓子かデザートの名前でなければならない。

新機能は、iOSに先を越された画面分割マルチウィンドウUI、高精度なVR最適化モード DayDream、消費電力やデータ、メモリのさらなる削減、インタラクティブ通知、ロック画面のまま使える機能の拡大などなど

androidの新しいコードネームNならそりゃヌガーだよなぁって感じだけど、奇跡的にねるねるねるねになって欲しかった

Android Nはヌガーになったのか!
ねるねるねるねに少しばかり期待してたんだけどなー

Androidねるねるねるねって開発コード長すぎだろwwwあと日本意外なじみねーわw
nougatになって良かったw

「Nougat」(ヌガー)って知ってる?知らない?

お菓子としてのヌガーを知らない方もいるのか。オレの印象で言うと、甘くて歯にねちゃねちゃくっつく鬱陶しいやつです。冷やすべきなのかも。

ヌガーってノーマルのチロルの中に入ってるアレだっけ

じゃあ「Nougat」(ヌガー)ってどんなお菓子なの?

ヌガーはアラブから中国、そしてフランスへと伝わったお菓子です。もともとははちみつを使っていた

砂糖と蜂蜜、水あめ、泡立てた卵白などを混ぜ合わせて煮詰め、アーモンドを加えて固めたお菓子です。

主な種類としては、やわらかい食感のヌガー(ホワイトヌガー)と、固い食感のヌガー(ブラウンヌガー)に分かれ、歯につくようなねばっこさがある、不思議な食感が特徴的

わかりやすいところではスニッカーズ(ピーナッツのヌガーをキャラメルやチョコレートで覆ったもの)の中身で、おこしの洋菓子版みたいなやつ。

台湾で人気急上昇中

台湾のお土産といえばパイナップルケーキが定番ですが、それと並んで人気なのが実は「ヌガー」

ヌガーはここ台湾では古くから食べられてきたオヤツであり、また結婚式や春節時に配られるなじみあるお菓子

台湾のヌガーはミルクがたっぷり配合されています。白いフレンチヌガーは噛むと、ミルクの味わいとカリカリのアーモンドの取り合わせが美味しい!

ヌガーを簡単に作ってみたい方は

材料(5本分)
マシュマロ50g
製菓用チョコレート(フレーク)20g
フリーズドライいちご(粗く刻んだもの)5g
フルーツグラノーラ、余ったチョコなど各適量

http://recipe.cotta.jp/recipe.php?recipeid=00000789

くるみのヌガーパルフェ

出典ameblo.jp

材料
細かく砕いたくるみロースト75g
グラニュー糖45g
レーズン35g
グランベリー60g
卵白1個
蜂蜜60g
生クリーム35% 175ml

http://ameblo.jp/meguto5/entry-11915800649.html

ヌガーグラッセも作ってみよう

PRまとめ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA
Refresh

*