太らないために!ダイエット中の外食のポイント

ダイエット中でも外食をしなければいけない機会ってありますよね。そんな方のために、「太らない食べ方」をまとめました。普段外食が多い人も、ちょっと工夫すればダイエットの手助けになりますよ。

太らないメニュー見分ける!

カロリーをカットできる調理法の順番は、
1 位「ゆでる」2 位「蒸す・焼く」3 位「生」4 位「煮る」 5 位「炒める」6 位「揚げる」です。

同じお肉でも、から揚げなんかより、
しゃぶしゃぶの方が油が少ないですよね。

「蒸す・ゆでる」は脂質が抜けてカロリーをカットでき、「焼く」も同様に脂質をカットできます。

生物や発酵食品をプラスする

野菜やフルーツなどの生物には、
美容にも欠かせない“酵素”が含まれています。

納豆や味噌、キムチなどの発酵食品には、腸内環境を整えてくれる“乳酸菌”が含まれています。ダイエット中は積極的に摂るとよいですよ。

食べる順番で太りにくくする

野菜→魚やお肉→最後にごはん
という順番が満腹感も得られやすく、
太りにくい!

野菜から食べ始めると、食物繊維から消化されていくので、血糖値が上がりにくくなります。
それに脂肪の吸収を抑えるので、太りにくい体質になるのです。

一品物は避ける

丼はご飯の量が多めですから、
出来れば避けたいですよね。

丼物や麺類、カレーなど一品物は、どうしても炭水化物が多くなり栄養が偏る傾向になります。
外食では出来るだけ定食を注文するようにしましょう。

やっぱり和食!

バランスよく食べられる和食はやっぱりおすすめ。

メインの主菜、ご飯、みそ汁、漬け物、付け合わせ等、とてもバランスが良いのです。 和定食は、旬の野菜や果実、魚等を巧みに組み合わせた「ダイエットメニュー」です。

焼き魚や刺身定食定食など魚を使った定食を中心に!

特にカロリーの低いお魚がおすすめです。

ラーメンが食べたい…とんかつが食べたい…なんていう時は

食べたいのに、無理に我慢してしまうのはストレス。
反動でドカ食いにも繋がってしまうこともありますよね。
メニューを選ぶとき、少し気を使って太りにくいものを選べば
安心できますよね♪

調理法に注目!
お肉でも焼けば油が落ちてカロリーカット出来ます。

焼き肉・生姜焼きがおススメ。お肉は消化に沢山のエネルギーが使われますから、カロリーの割に太りません。

敬遠してしまいがちな焼き肉も、ジンギスカンならヘルシーに楽しむことができます。

ジンギスカンもおススメお肉の一つです。

とんかつが食べたいときはヒレカツ!
揚げ物を食べたい時は、脂肪の少ないヒレカツを選択しましょう。

ラーメンを食べたいとき…
辛いものが大丈夫なら、是非激辛で!

脂身やスープは残す

美味しいけど…
ダイエット中は我慢した方が◎

ラーメンのスープは絶対に残しましょう。お肉の脂身もできるだけ残した方がいいでしょう。

麺類のスープには油脂や塩分が多く含まれていることが多いようです。麺類のスープは全部飲み干さずに残しましょう。

スープの油はすごいですよね…。これでカロリーを結構抑えられます。

PRまとめ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA
Refresh

*