太るだけじゃない!お菓子を食べないほうがいいこれだけの理由

ダイエットのためにお菓子を控えている人も多いと思いますが、市販のお菓子は太りやすいだけでなく、こんなにも健康に害を及ぼす食べ物でした。

精製された砂糖は体に悪い

精製された白砂糖はビタミンやミネラルがほとんど無いため、体内のミネラルを奪い、血を酸化させてドロドロにします。それにより代謝が悪くなり、免疫力も落ち、病気になりやすい体になります。糖尿病はもちろん、アレルギー、冷え性、肩こり、倦怠感、イライラ、うつ病、心疾患など、あらゆる病気を引き起こします。

砂糖を摂ることでドーパミン、セロトニン、エンドルフィンなどの幸せな気分にさせる物質が分泌されます。それにより麻薬のような中毒性をもたらします。

市販のお菓子に含まれる加工油脂や植物油脂は体に悪い

マーガリンやショートニングなどの加工油脂は体に悪いと言われているトランス脂肪酸を多く含んでいる

トランス脂肪酸は悪玉コレステロールを増加させ、心筋梗塞や狭心症などの心疾患のリスクを高め、肥満やアレルギー性疾患なども引き起こします。また、妊婦の方は胎児の体重減少や流産になる可能性もあります。そのため、トランス脂肪酸を規制している国も多いです。

酸化した油は血液をドロドロにし、代謝が悪くなり、免疫力が落ち、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞、ガンなどのあらゆる病気を引き起こします。体が老化し、シミやしわも増えます。

市販のお菓子は体に悪い添加物がたっぷり

発がん性のあるものも多く、人工甘味料のアスパルテームは脳障害、鬱、知能低下などの危険性もあります。

安全なお菓子を食べるには

オリーブオイルは精製工程を必要とせずに搾り取られる、安全で酸化しにくい健康的な油です。

PRまとめ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA
Refresh

*