一緒に食べると相乗効果で栄養価が格段にアップする「食べ合わせ」

「食べ合わせ」という言葉があるように、一緒に食べることで単品で食べるよりも健康に良いとされる食べ合わせが昔から多くあります。食品同士の相乗効果で身体に吸収される栄養価アップにつながる「食べ合わせ」をまとめました。

●発がん性物質の形成を抑えてくれる

ローズマリーとグリル肉

夏のバーベキューなどで焼き過ぎて焦げたお肉などは発がん性物質を多く含んでいて誰も食べたくないだろう。ここでローズマリーが活躍してくれる。ローズマリーの天然酸化防止剤は肉を焼いている時に発がん性物質の形成を抑えてくれる働きがあるという。

●コレステロール値を安定

●体力アップや体内の免疫システムの強化

ほうれん草とレモン

ほうれん草などの葉物野菜に含まれる鉄分はビタミンCと一緒に摂取すると体に吸収されやすい。またビタミンCと一緒に摂取する鉄分は肉や魚に含まれる鉄分と同等の栄養価があることから、体力アップや体内の免疫システムの強化にもつながる。

▼「食べ物」関連リンク

PRまとめ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA
Refresh

*