【注意!死に至る可能性もあり】ウナギと梅がダメは嘘!?食べ合わせが悪い組み合わせまとめ

ウナギの時期ですが食べ合わせがダメなものを調べてみました。迷信だったり意外と知らない食べ合わせがありました。

<身体に負担がかかる組み合わせ>

鰻の脂っこさと梅干しの強い酸味が刺激し合い、消化不良を起こすとされた。ただし実際には、酸味が脂の消化を助けるため、味覚の面も含めて相性の良い食材である。『養生訓』には「銀杏に鰻」と記されており、これが転じたとするほか、高級食材である鰻の食べすぎ防止など諸説がある。

~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~

水と油で消化に悪いとされた。実際、胃の負担が増加し、消化に支障をきたすことが確認されている。

~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~

■蟹と柿

出典seiryu.cc

体を冷やすとされた。蟹の身に体温を下げる効果があることが確認されている。また、柿の実も同様

~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~

両方ともほとんど水分であるが、利尿作用もある。ビールの摂取が進みすぎ、急性アルコール中毒を引き起こす可能性がある。また、水分を摂っているつもりでも気づかないうちに脱水症状に陥っていて、水泳前や入浴前では水死の危険性もある。

~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~

チアミン(ビタミンB1)は糖質代謝に関連するビタミンであり、その必要摂取量は炭水化物の摂取量に依存する。ラーメンと飯(白米)はともにビタミンB1をあまり含まず、炭水化物摂取量が増えるため、疲労や肥満を招く恐れがある。ちなみに、ご飯もの(米飯料理)でも同様の理由で合食禁の扱いとなる。

~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~

東南アジアでは古くから言い伝えられている。ドリアンの酵素とエタノールとの反応から死に到る危険性もあるとされる。

~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~

消化が悪いもの同士の組み合わせ。共に消化に時間がかかるため、胃腸に負担がかかる。

~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~

茄子の漬物は体を冷まし、蕎麦には胃を冷やす作用がある。そのため、冷え性の人は下痢をしたり手足が震える(冷える)ことになる。
※ 対策として、加熱すればその作用は緩和されるため、温かい汁蕎麦なら無難。

~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~

酒と同様に、辛子などの辛いものも血行を促すため、かゆみが出てしまう可能性があります。蕁麻疹(じんましん)や湿疹が出やすい人は、注意喚起。高血圧、糖尿病、高コレステロールなどの生活習慣病も助長します。お〜怖。
※ 対策としては、きゅうりやトマト、セロリなど体を冷ます作用のある食べ物を一緒に摂ると吉。

~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~・*・~

酒と胡桃は共に血圧を上げる効果があるため。

PRまとめ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA
Refresh

*